【栗原はるみ】ふるさと納税の返礼品のコスパは?還元率を調査

ふるさと納税の返礼品にラインナップされている栗原はるみグッズが気になっていませんか?

還元率や自治体名、どこのふるさと納税サイトで申し込めるのか気になりますよね。

栗原はるみグッズをふるさと納税でゲットしても、還元率が悪ければほかの返礼品にすればよかったと後悔することになります。

そこで今回は、総務省のデータなどをもとに、栗原はるみグッズがふるさと納税の返礼品としてどれだけコスパに優れているかを調査しました。

結論からいうと、栗原はるみグッズの還元率は平均47.5%と、ふるさと納税の返礼品としては高還元率といえる結果になりました。

どの自治体が返礼品として準備しているかなど、詳細もまとめています。

ぜひ最後まで読んで、栗原はるみグッズをふるさと納税でゲットすべきか判断してください。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、簡単にいうと自分が好きな自治体に寄付をして、代わりに、税金の控除と返礼品という2つの恩恵を受ける行為です。

寄付の代わりに税金の控除を受けることから、実質的に好きな自治体に納税しているのと変わらないため、「ふるさと納税」という制度名が用いられています。

手続きをすると、寄附金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除が受けられます。
あなた自身で寄附金の使い道を指定でき、地域の名産品などのお礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

引用元:ふるさとチョイス

具体的な手続方法はこの記事では割愛しますが、大雑把にいうと1万円寄付しても2万円寄付しても2,000円を超える部分は税金から控除されるので、実質2,000円だけの手出しで返礼品をゲットできる、というお得な制度です。

控除上限額や寄付できる上限額は収入や家族構成等によって異なりますが、稼ぐ額が多い人ほどやらないと損するような仕組みになっています。

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」の以下のページに「かんたんシミュレーション」などが用意されているので、興味のある方はやってみてください。

https://www.furusato-tax.jp/about/simulation

さて、寄付する側には素晴らしいメリットがあるふるさと納税ですが、じつはされる側の自治体にも大きなメリットがあるんですよ。

例えば、

  • 人口が少ない地域でも歳入増加による地域の活性化が期待できる
  • 地域の特産品・産業を全国に宣伝できる
  • 災害被災地にとっては集まった寄付を復興の資金に充当できる

など数々のメリットがあります。

する側、される側がウィンウィンになれる制度、それがふるさと納税なんですね。

また、総務省が定義するふるさと納税の意義は3つあります。

  • 第一に、納税者が寄附先を選択する制度であり、選択するからこそ、その使われ方を考えるきっかけとなる制度であること。(中略)

  • 第二に、生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域に、これから応援したい地域へも力になれる制度であること。(中略)

  • 第三に、自治体が国民に取組をアピールすることでふるさと納税を呼びかけ、自治体間の競争が進むこと。(中略)

引用元:総務省ふるさと納税ポータルサイト

これを読むと、単に寄付者にお得な制度というわけではなく、税金と自治体という2つのテーマに関する深い狙いがあることがわかりますね。

とくに、納税者が税金の使われ方を考えるきっかけとして、またいい意味での自治体間の競争意識を育むきっかけとして、ふるさと納税は大きな役割を果たしています。

2008年に創設されたふるさと納税制度ですが、2020年現在では制度としてしっかり定着し、社会に不可欠なものにまで成熟したと感じています。

栗原はるみグッズがふるさと納税に

ラインナップ状況

そんなふるさと納税の返礼品に、栗原はるみのキッチンアイテムがラインナップされています。

そこで、まずはどの自治体がどのアイテムを返礼品として準備しているかまとめました。

2020年4月現在、2つの自治体計7つの返礼品がラインナップされています。

アイテム名 サイト 自治体 寄付金額
①丸まな板セット
カラー:ネイビー
サイズ:大(35cm)と小(24.5cm)
さとふる 新潟県
弥彦村
14,000円
②丸まな板セット
カラー:マスタード
サイズ:大(35cm)と中(30cm)
さとふる 新潟県
弥彦村
15,000円
③ダブルフライヤー
(16cm)
さとふる 新潟県
弥彦村
15,000円
④ダブルフライヤー
(20cm) 
さとふる 新潟県
弥彦村
18,000円
⑤ハーフストレーナー付パスタポット22cm ふるさとチョイス 新潟県
燕市
20,000円
⑥ぶどう柄キッチンナイフL ふるさとチョイス 新潟県
燕市
15,000円
⑦スライド水切りカゴ(縦置き) ふるさとチョイス 新潟県
燕市
30,000円

自治体は新潟県燕市新潟県弥彦村の2箇所ですね。
どちらも新潟県です。
燕市は「ふるさとチョイス」、弥彦村は「さとふる」と提携しています。

調べてみたのですが、栗原はるみの金属製品を製造している「吉川金属(株)」の本社所在地は新潟県燕市です。
また、同じ吉川グループの「(株)ヨシカワ」の本社所在地は新潟県弥彦村です。

その関係で栗原はるみのキッチンアイテムがふるさと納税の返礼品としてラインナップされているわけですね。

続いてはキッチンアイテムを個別に見ていきましょう。

①は栗原はるみキッチンアイテム人気ランキング第1位の丸まな板。カラーはネイビーで大と小の2点セットです。

②は同じく丸まな板でカラーはマスタード。こちらは大と中の2点セットです。マスタードはもともと小の製造がありません。

③・④は人気ランキング第5位のダブルフライヤー。ステンレス製の鍋2つがセットになったアイデア商品で、これだけで揚げる、油を切る、こす、油を保存するができるすぐれものです。ロングセラーなのも納得。

⑤はパスタハーフストレーナー付のパスタポット。簡単にいうと中子(なかご)がついた寸胴鍋です。中子をあげれば湯切りができるので超便利。
ハーフストレーナーとは持ち手つきのザルのことで、パスタを茹でながら野菜を茹でたりするのに使います。

⑥はぶどう柄のキッチンナイフですね。オールステンレスで継ぎ目のない包丁です。サイズは小・中もありますが、こちらは大サイズになります。ここまでおしゃれで切れ味するどい包丁はなかなかないでしょうね。

⑦はスライド水切りカゴです。
シンクにおいてスライドして使う新しい発想の水切りカゴ。
使わないときは20cmまで縮むのでスッキリです。
公式YouTube動画がわかりやすいので参考までに埋め込みさせていただきます。

栗原はるみグッズのふるさと納税での還元率は?

返礼品の還元率とは?

返礼品の還元率とは、ふるさと納税として寄付する額に対する返礼品の市場価格の割合です。

簡単にいうと、その返礼品がどれだけ寄付者にとってコスパがいいかを判断する基準ですね。

還元率が高ければ高いほど寄付者にとってコスパがいいと言えます。

また、あまりにも低いのであれば、その商品はふるさと納税でゲットするよりも普通にショップや通販で購入して、ほかの高還元率にものをふるさと納税でゲットすべき、という判断ができるわけです。

還元率の計算式はこちら。

還元率の計算式

還元率=返礼品の市場価格÷寄付金額×100

※返礼品の市場価格はAmazon価格を参照。送料はのぞいた金額。また、還元率の小数第2位以下は切り捨て。

還元率を計算してみる

さて、ここで本題の栗原はるみのキッチンアイテムはふるさと納税の返礼品としてどれだけコスパが良いのか、の調査結果を発表します。

結果はこちら。

還元率
ランキング
アイテム名 寄付金額 Amazon価格
(税込)
1位
51.8%
①丸まな板セット
カラー:ネイビー
サイズ:大(35cm)と小(24.5cm)
14,000円 7,260円
2位
51.6%
⑤ハーフストレーナー付パスタポット22cm 20,000円 10330円
3位
51.3%
②丸まな板セット
カラー:マスタード
サイズ:大(35cm)と中(30cm)
15,000円 7,700円

4位
47.6%

③ダブルフライヤー
(16cm)
15,000円 7,150円
5位
44%
⑥ぶどう柄キッチンナイフL 15,000円 6600円
5位
44%
⑦スライド水切りカゴ(縦置き) 30,000円 13,200円
7位
42.7%
④ダブルフライヤー
(20cm) 
18,000円 7,700円

7アイテムの平均還元率は47.5%

還元率1位はなんと人気ランキングでも1位の丸まな板のセットでした。(カラーはネイビー、サイズは大と小)

人気商品なのは自治体側も把握していて、その上で目玉商品として高還元率に設定しているのかな?とも感じますが。

栗原はるみグッズのふるさと納税でのコスパは?

還元率を調査した結果、7つのキッチンアイテムのうち上位3位までが還元率50%を超えるという結果になりました。

ここで、栗原はるみのキッチンアイテムがふるさと納税の返礼品としてコスパがいいのか、悪いのかを考えてみます。

ふるさと納税の還元率の基準値と平均

そもそもふるさと納税の返礼品の還元率の基準や平均値はどのぐらいなのでしょうか?

近年、総務省はふるさと納税の返礼品に関して2つの問題点を認め、改善しようと取り組んできました

それが

  • エスカレートする返礼品の高還元率化
  • 地場産品(その自治体の産業に関連する商品)以外の返礼品の増加

の2点です。

自治体同士で寄付を奪いあう構図ができてしまったがゆえに、少ない寄付額に対して高価な返礼品を送ったり、自治体の産業と無関係のブランド品を送ったりする状況が発生してしまったわけですね。

そこで現在、総務省は返礼品の還元率の基準値を30%と設定し、その基準を超える自治体を減らす取り組みをH29年度から行っています。

総務省公式サイト内の「ふるさと納税制度の健全な発展に向けた取組」をごらんください。

引用元:総務省公式ページ内資料PDF

H30年7月には、総務省の方針に背いて多額の寄付を集めている12団体を公表するという、なかなか厳しい処置をとっていますね。

以上の取り組みの結果、順調にふるさと納税の健全化は推し進められてきました。

総務省公式サイト内の「30%超の返礼品を送付している団体数の推移」のグラフをごらんください。

引用元:総務省公式ページ内資料PDF

H28年度は1156団体だったのが、年々減少してきているのがわかると思います。

H31年6月にはふるさと納税の制度が改正され、総務省の基準に適合しない自治体はふるさと納税の対象から取り消すことができるようにもなりました。

ただ、ネット上で調べてみると、まだまだ還元率30%以上の返礼品を送付している団体は多いと感じます。特に、食品関係ですね。

ふるさと納税サイトの「還元率ランキング」を見ても、上位には還元率90%以上の返礼品がズラっと並んでいます。

このからくりに関しては以下が詳しいです。

Q 規制後も、還元率の高い返礼品が出ているのはなぜですか?

A 2019年6月の制度改正により、各自治体は「返礼品の調達額を寄付金額の3割以下とすること」が義務付けられました。
その一方で、大量の買い付けを行う自治体は市場に出回っている販売価格よりも安く調達できているケースもあります。
自治体の調達額は3割以下でも、一般消費者が購入できる金額で考えた時の「還元率」は3割を上回るお得な返礼品がまだ存在します。

引用元:ふるさと納税ガイド(ふるさと納税 還元率ランキングベスト70)

同じ「還元率」という言葉にも、自治体の調達額ベースと、一般消費者の購入ベースという2つの考え方があるわけですね。

総務省の制度は自治体の調達額を30%以内に抑えろというもの。
裏を返せば、30%以内に抑える範囲で大量買い付けすれば、結果的に返礼品の量も増やすことができます。

すると、一般消費者の購入額ベースで考えればゆうに30%を超える還元率が実現するという仕組みです。

つまりいかに大量買い付けを実現するかがポイントなのでしょうが、資金力にものをいわせて再び多額の寄付を集める自治体がたくさん出てきたら、総務省は新たな対策を考えるかもしれませんね。

還元率の実際の平均値に関しては、各ふるさと納税サイトを見たかぎり、オールジャンル含めるとおよそ30%から60%ぐらいでしょうか。

返礼品のジャンルでいうと、肉・海鮮・米のような食材が80〜100%近くの高還元率をうたっているものが多いですね。

果物・酒という食品も60〜80%の還元率のものが目に付きます。

家電ジャンルは低いものでは20%以下、50%を超えるものはほんのわずかという感じです。
やはり大量買い付けのしにくさが影響しているのかもしれません。

栗原はるみグッズの返礼品としてのコスパは?

栗原はるみグッズは、雑貨やキッチン用品というジャンルに含まれます。
各ふるさと納税サイトを見た感じ、このジャンルの実際の平均値は40%ぐらいですね。

少し低めで30%程度、高いもので50%を超えるといった印象です。
そう考えると今回検証した7つの栗原はるみのキッチンアイテムは、高還元率ということがいえます。

とくに50%を超える上位3アイテムは、還元率という観点からいえばおすすめですね。

栗原はるみのキッチンアイテムはAmazonや楽天でも定価から割引されることがなく、公式サイトの販売価格と同価格で販売されています

また価格自体も、モノがいいだけに安くはない値付けがされているので、消費者がショップなどで購入する価格もそこまで安くはありません

このあたりが、高還元率になった大きな要因だと感じました。

結論としては、コスパについては心配することなく申込みしていいと思います。

もちろん、もっと高還元率の返礼品は存在するので、そちらで欲しいものが見つかれば、栗原はるみのキッチンアイテムは通常購入するのがおすすめです。

まとめ。はるみグッズはふるさと納税でゲットOK

今回の記事についてまとめます。

まとめ
  • 栗原はるみのキッチンアイテムは、ふるさと納税において2つの自治体に計7つラインナップされている。
  • 7アイテムの平均還元率は47.5%。
  • 一般的なふるさと納税の返礼品の還元率はジャンルによってちがうが30%〜60%。
  • 雑貨・キッチン用品ジャンルの平均還元率は40%程度。
  • 結論としては、高還元率の返礼品に該当するので、欲しいのであればふるさと納税でゲットしてもOK。

まな板をはじめとした栗原はるみのキッチンアイテムは末永く使えるものばかりです。

まだ使ったことのない人はぜひふるさと納税or通常購入でゲットしてみてください。

以上、ここまで読んでいただき感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です