作り置きのレシピアプリおすすめ3選。使ってみて良かったアプリを比較表つきで紹介【2020最新版】

日々の料理、大変ですよねー。

でも、料理って家族の命みたいなものだから、そんなに手を抜くわけにもいかない。
たまにはラクもするけど。。。

特に子どもがいると色々な意味でキチッと用意することになりません?
時間的にも、メニュー的にもゴマカシがきかないというか。
夫婦ふたりの時は適当に済ましたりすることも結構あったけど。。。

今回は日々の料理をラクにする「作り置き」レシピを豊富に揃えた献立アプリのおすすめ3選を紹介します。

どれも実際にぼくが使ってみて、有能だと感じたアプリです。

休日や空いた時間に作り置きメニューを作って常備菜にしておけば、忙しいときの強い味方になります。

「副菜は常備菜が担当」と割り切ればメインを一品作るだけでいいからラクなんですよね(笑)

最近では「つくおき」なんて言葉も流行っていて常備菜が注目されていますが、やる価値がある習慣だと思います。

まだ作り置きの習慣がないという人も、ぜひ今回紹介するアプリで作り置きレシピを探してトライしてみてください!

作り置きライフのメリットとコツ

アプリの紹介の前に、ぼくが感じた作り置きライフのメリットとコツをシェアしておきますね。

メリット
  • 平日の料理時間が短縮される。
  • 野菜の摂取量が増える。
  • 「今日のおかずは何にしよう」という心配からかなり解放される。

結構考えたんですけど、この3つしか思い浮かびませんでした(笑)
でも、この3つのメリットはどれも重要ですよね。
日々料理をされている方ならわかってもらえると思います。

一応デメリットもあげてみると、常備菜のパターンが決まってくる、まとめて作るのは結構気合がいる、冷蔵庫・冷凍庫の場所を取る等でしょうか。

さて、次は作り置きライフのコツです。

作り置きライフのコツ
  • 週末に1週間分をまとめてつくる。
  • 味が似たレシピに偏らないようにする。
  • 賞味期限が短いものから食べる。
  • 1週間後、冷蔵の常備菜が残ったら冷凍できるものは冷凍して延命する。

作り置きの醍醐味は「まとめて大量に作る」ところにあると思います。
週末にまとめて作って、1週間で消費するのがペースとしてはやりやすいですよ。

個人的に常備菜で怖いのは「飽きがくること」だと思っています。
なので、作るときにできるだけ色々な味付けの、色々な調理法のものを作るようにしています。

ピクルスにハマってピクルスを作りすぎると、一時期的に「ピクルスを受けつけなくなるカラダ」になっちゃうので注意です!

また、作りためた常備菜は賞味期限が短いものから食べていくのがおすすめです。

賞味期限が3日とか4日のものばかり作ると、週の後半に味と鮮度が落ちた常備菜を食べるハメになります。(しかも食あたりする可能性アリ)

それから、1週間を終えて残った常備菜は冷凍できるものは冷凍するのがおすすめです。
ぼくは週の途中でも「これは今週はもう食べなくていいかな」と思ったものはすぐに冷凍しちゃいます。

あまりに常備菜に縛られすぎてもストレスになっちゃいますから、その辺は結構気分でやっています。

作り置きレシピが充実してるアプリのおすすめ3選

さてここからはおすすめアプリを紹介していきます。

Racook

「Racook」(ラクック)はなんと、作り置きレシピ専門アプリです。
専門アプリだから、作り置きライフを総合的に応援してくれるような機能がいろいろと揃っています。

使ってみて「これはスゴイ!」と感じた「おまかせ提案」機能を軸にした基本的な使い方の流れを紹介しますね。

「おまかせ提案」機能でレシピを選ぶ

※「おまかせ提案」機能を使わなくても、検索窓にキーワードを入力して選んでもいいし、ランキングやおすすから選んでもSTEP2以降の流れは同じです。

①アプリを開いて下段メニューの一番左「作るリスト」から「おまかせ提案」をタップ。

②するとおまかせ提案ページで「冷凍可」や「10分以内」等の条件と品数を選ぶ事ができます。選んだら下部の「レシピを提案」をタップ。

③すると「作るリスト」に自動的にレシピが追加されます。
(追加されたレシピがイヤだったらゴミ箱マークを押して削除し、もう一度「レシピを提案」しなおしてください)

「おまかせ提案」機能を使ったレシピ決定の流れ
調理を開始する

「作るリスト」の「調理を開始」をタップすると、調理工程の画面に移ります。
ここでスゴイのが、3品なら3品を同時調理する工程が表示されるんです!

複数のおかずを作るときって頭の中で一番ラクな工程を考えますよね。
洗い物が少なくなるような、ムダな時間がでないような、効率的な作り方を。
それを最初から提示してくれるってスゴくないですか?

※「作るリスト」で個別のレシピをタップすれば個別の詳細なレシピ・調理工程も表示されますよ。

複数レシピの同時調理工程
調理を終えたら「作ったもの管理」で在庫管理

①調理を終えたら「完成」をタップします。

②すると自動的に「作ったもの管理」にレシピが追加されます。(下段メニュー右から2番目。冷蔵庫のマークのところですね)

③これで作ったものの日持ちが一覧で管理できます。
さらに「編集」をタップすると可能なものは冷蔵から冷凍に切り替えられます。
するとリスト上の表示が冷凍になるという仕組みです。

食べきったものはリストから消していきましょう。

「作ったもの管理」ページとその編集ページ

こんな感じで、「レシピの決定→調理→管理」という流れがシームレスだし、すべてで可能な限りストレスが低減されている印象です。

ガチで考えて開発されているアプリですねー。

作り置き専門だからこそ、作り置きしたい人の総合的なニーズにここまで応えるアプリが作れたんだと思います。

Racook(ラクック)
Racook(ラクック)
開発元:meuron Inc.
無料
posted withアプリーチ

クラシル

 
 

レシピ動画数No.1アプリの「クラシル」も作り置きライフに一役買ってくれる存在です。

レシピ数が32000以上と多いですし、それを動画で見られるのがこのアプリの最大のメリットですね。

こんな感じでレシピを選ぶと自動的に動画が再生されます。
いちいちボタンを押さなくても再生されるのはストレスフリーです。

クラシルのレシピ動画
クラシルの特徴
  • レシピ数が豊富。
  • レシピ動画が短く編集されているから見やすい。
  • 動画だけじゃなく、調理工程・コツまでしっかり文章でも説明されている。

試しにクラシルのレシピ検索窓に「作り置き」と入力して検索すると、該当件数は「471件」でした。これが無料で見られると思うとありがたいですよね。

クラシルのレシピ動画は短ければ30秒以内、長くても1分ぐらいだから、あっという間に見れちゃいます。短いからこそ見たいところだけ確認するのもラクなんですよ。

一度動画に目を通しておけば間違いやすい工程にも気づけるし、イメージが湧くから俄然つくる気力も湧いてくるんですよね。動画の力は偉大です。

作り置きライフの観点から見てクラシルの残念な点は、レシピの日持ちについての情報がないことですね。

ただ質問すれば公式が答えてくれるので、日持ちについて質問されているレシピもけっこうありました。

あとは無料版だと優秀な機能が制限されているのも残念です。

特に「検索結果をさらに絞り込む機能」と「人気順に並べかえる機能」は無料版でも使いたかった。(ちなみに有料版は月480円です。詳細は以下)

クラシル有料版の機能一覧

有料版の機能は魅力的ですが、月480円はけっこうお高めなので、まずは無料版から始めるのがおすすめです。

もしくは1ヶ月だけ契約して、その間に「プレミアムレシピ」から良さげな作り置きレシピを探して覚えちゃうというのもアリかも。

クラシル - レシピ動画で料理がおいしく作れる
クラシル – レシピ動画で料理がおいしく作れる
開発元:dely, Inc.
無料
posted withアプリーチ

DELISH KITCHEN

DELISH KITCHENもクラシルと同じく最近主流になりつつある動画レシピアプリです。

こちらも見やすさにこだわって編集されている印象です。

DELISH KITCHENのレシピ動画
DELISH KITCHENの特徴
  • レシピ動画が短く編集されているから見やすい。
  • 調理工程別に分割された動画も見ることができる。
  • 動画だけじゃなく、文章でも調理工程が説明されている。

DELISH KITCHENの動画がスゴイのはレシピ詳細ページに調理工程ごとに分割された動画も用意されていることです。(下の画像)

分割された動画

工程を進めながら、そのつど対応した動画を見ることができる。
これは本当に親切だなと感じます。

動画の見やすさはクラシルと同じぐらいでしょうか。
どちらも本当に見やすいのですが、工程別に見ることができる分、DELISH KITCHENに軍配が上がるかもしれません。

さて、DELISH KITCHENのデメリットは作り置き系レシピの検索のしにくさです。
検索窓から「作り置き」や「常備菜」と検索しても十数件ずつしか表示されません。
しかもそのうち半分ぐらいはプレミアムサービス(月480円)限定レシピとなっています。

クラシルもそうですが、このアプリに関しても使っているとどうしてもプレミアムサービスに申し込みたくなるような仕組みで設計されているので。。。そのあたりは仕方ないですね。(このアプリのウリでもある管理栄養士監修レシピ等はプレミアム限定コンテンツです)

ただ、レシピそのものは大量に用意されているので、そのなかから作り置き用途に向いているレシピを探せばたくさん見つかります。

動画のクオリティは高いので、これから作り置き系レシピが充実&探しやすくなるのを期待したいですね。

DELISH KITCHEN - レシピ動画で料理を簡単に
DELISH KITCHEN – レシピ動画で料理を簡単に
開発元:every, Inc.
無料
posted withアプリーチ

比較表

上で紹介した3つのアプリの比較表です。

アプリ選びの参考にしてください。

作り置きレシピが充実してるアプリのおすすめ3選  Racook クラシル DELISH KITCHEN
価格 無料 無料 無料
対応OS iOS/android iOS/android iOS/android
会員登録 不要 不要
(登録するとレシピに質問可能) 
不要
広告表示 なし たまに表示される 外部広告はなし
有料機能

プレミアムサービス
月480円

プレミアムサービス
月480円

プレミアムサービス
月480円

レシピ動画

×


(工程別に分割された動画もあり)  

 買い物リスト機能 
レシピの
日持ちの表示
× ×
栄養成分表示 × プレミアムのみ 無料会員はカロリーのみ

複数品の
同時調理工程表示

× ×

まとめ

作り置きライフの強い味方になるアプリを紹介してきました。

レシピアプリは本と違って場所も取らないし、キッチンに持ちこみやすいのもいいですよね。
買い物時にもリストがサッと見れるからいろいろと手間が省けます。

自分に合うアプリが見つかると、きっと毎日の料理ライフが何倍も楽しくなると思います。

どのアプリも有料サービスがありますが、まずは無料からでも全然使えますよ

個人的には「Racook」が作り置き専門アプリということもあって、おすすめです。
レシピ動画はないものの、管理まで考えられた仕組みは本当に素晴らしいと思います。

週末や空いた時間に常備菜をたくさん作って、日々の料理を前向きにラクしていきましょう!

以上、ここまで読んでいただき感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です